為替オプション

為替オプションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

為替オプションは原資産が通貨であることから、カレンシーオプションと呼ばれることもあります。

為替オプションは、通貨を買売する権利を売り買いする取引で、売買するための期間や期日のほか、売買する価格を予定します。

この為替オプションは、1980年代前半ごろから扱われるようになった取り引きです。

市場規模は急速に拡大して現在ではリスクヘッジとトレーディングの両方で利用されており、外国為替市場において重要な取引となっています。

為替オプションは通貨を売買する権利を取引するものなので、現物の受け渡しはしません。


スポットやフォワードなどの外国為替取引は売買した通貨の取引を行うものなので為替オプションと違うものです。