コンドロイチンをサプリメントで

コンドロイチンをサプリメントで補給しているという人は多いようです。


コンドロイチンというサプリメントに使用されている成分は、
ムコ多糖類の一種で軟骨や結合組織に存在しています。


体の中ではたんぱく質と結合して、体のいたるところに存在しています。


筋肉の腱や靭帯などに弾力性をキープするために欠かせない成分であり、
大事な関節のクッションとしての役割があります。


なめらかな関節の動きを作り、衝撃や圧力が骨にかかったときなどは
骨をガードする機能もあるそうです。


若いときは体の中でたくさん作られていますが、
だんだん年を取ると作られる量が減り、最終的には不足するようになります。